35歳で転職する際に異業種の未経験は可能か?

af9980028196l

1.35歳を取り巻く転職情況
 35歳で転職する場合も最近では会社の倒産や、リストラで転職を余儀なくされる方も少なくありません。35歳を取り巻く転職情況ですが国内の多くの企業も少子高齢化で、国内の市場が飽和化し物が段々と売れなくなっています。そのため製造メーカーも市場を求めて、海外へと進出せざるを得ない情況です。さらに世界経済の影響を受け、日本の企業経営の舵取りが難しくなっています。このように企業を取り巻く環境にも大きな変化が見られる中で、35歳の社員に求めるスキルや能力もこれまでとは異なり始めています。

2.異業種で未経験の求人に応募する際の注意点
 転職する目的は違っても転職する際に、中には異業種で未経験の求人に応募するかどうか迷う方もいると思います。そこで35歳の方が異業種で未経験の求人に応募するのが可能なのかや、その場合の注意点などを一緒に考えてみましょう。これまでと同じ職種であれば、異業種で未経験でも求人に応募するのは可能です。しかしこれまでと全く違う業種と職種であれば、その求人に応募するには無理があります。企業が35歳の方に求めているのは、培ってきた人脈や経験やスキルです。そのため従来のビジネススタイルが行き詰っている企業にしてみれば、35歳の方の新しい発想や人脈はむしろ魅力的です。ただその場合でもこれまで培ってきた人脈や経験やスキルだけでなく、その方の人柄やリーダーシップが求められています。20代や30代の前半であれば異業種で未経験で、これまでと全く違う職種でも挑戦することできるかもしれません。しかし35歳の方の場合は異業種で、未経験の求人に応募する際はこれまでと同じ職種であることが前提です。

ここがポイント

●同じ職種なら異業種で未経験でも求人に応募するのは可能
●違う業種と職種であればその求人に応募するには無理がある
●企業が35歳に求めているのは培ってきた人脈や経験やスキル
●その場合でも35歳であれば人柄やリーダーシップも求められている

〔お役立ちサイト〕
高校生の就職活動なら
高校生でも利用できる就職支援とは?関連情報はこちらです。

ニートの就職活動支援
ニートの為の就職サイト

ニートの就職サポート
ニートの就活 – 経験談,使えるサイト,就職までのステップお教えします。

http://xn--hdks506xtohn9lswk.net/
既卒者向けの就職活動情報

まとめ
 35歳を取り巻く転職情況は決して楽観視できるものではありませんが、人脈や経験やスキルを持っている方に対する需要が高まっています。それは未経験な異業種の場合でも同様で、むしろこれからは未経験な異業種への転職が増えるでしょう。企業にしてみてもこれまでと同じ業種ではやっていけない自体も起きているだけに、異業種からの優秀な人材に対する需要は確実にあります。