スキルアップを求めての転職

 終身雇用時代は既に崩れ、現在は能力のある人が昇進していくシステムになっているのが、現状ではないだろうか?出世一つ取っても、若くして出世していく人もいれば、遅咲き組の人など、多様化してきている。

 さて、転職を考える人とは?組織に勤めていれば、誰しも一度や二度、転職を考えたことがあるのではないたろうか?転職を考える原因の一つに、人間関係が何かしらの形で関与していることを忘れてはならない。人間関係に疲れ、新しい職場を求めても、また同じような経験をする。社会で生きていく以上、人間関係はどこに行っても切れる事はまずないのが現状である。

 転職をする際に、まず忘れてはならないのは、スキルアップを求めての転職であることが、転職を考える条件の一つに上がっていることが望ましい。そう、上昇志向の一つである自分の将来を考えての転職であることが、非常に大切なのである。

 著者は看護師をしているが、看護の世界でも転職は存在する。昼夜問わず、過重労働を強いられる看護の世界には、より良い職場を求めて、看護師向けの人材バンクを利用しているナースが多数存在している。しかし、転職は必要以上に労力を強いられることもあるため、現状から脱出できないナースが大半なのである。

 自分もいくつかの病院を経験してきたが、どこの組織に在籍していても、ナースの悩みは尽きず、大半が人間関係にあることを、痛切に感じている。精神的に病んでしまう人も、多数見てきた。納得いかないこと、おかしな組織の体勢など、目の当たりにしてきたが、組織で働いている以上、これは仕方のないことである。

【お役立ちサイト】
ニートの就職活動を成功させる
ニートの就職を成功させるための鍵とは?

東京しごとセンター

 まずは自分の置かれた立場から、今の現状を振り返り、きちんと自己分析をすること。自分のキャパを超えない範疇で、今の置かれた環境で社会貢献をしてみること。経験を積み、更なる磨きを求めるのであれば、スキルアップという形の転職は、大いに有り得るのではないだうろか?